MY DOG TRAINING SCHOOL  }bqz[y[WWelcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンター
07358167
昨日: 0143
今日: 0463
From:2007/11/10
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...

みなさんありがとう!

みなさんありがとう!     by little-K

前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2014-9-11 9:45 | 最終変更
パットが亡くなって、気が付けばもう1週間も経っていました。

彼の存在がどれだけ大きかったかを思い知っています。


初めは、無事に彼を天国に遅れたと思い、安堵感が大半を占めていたのですが、時間が経つと彼のいない生活を思い知ることになりました。


彼の介護のために他の犬たちに不自由をかけていたからと、久しぶりにじっくりと向き合ったら、三男のビートは、不安そうですし、花とウィッシュもなんだか寂しそうです。


ビートは、パットが亡くなって、青垣に連れて行った時に、火葬の手続きをしてもらっている間に、大好きだった場所にパットを置いてたら、さっきまでボールで遊んでいたのに、駆け寄ってお棺にずっと寄り添っていました。


昨年の1月11日に一花を、そして今年の9月3日にパットを送り、さすがに犬と暮らすことの最期の時を思わずにはいられません。


今、元気なビートたちも同じように私の前からいなくなってしまうのかという思いで彼の顔を見ると、なんとも切なそうな顔で見返してくるのです。


気を取り直して、「お兄ちゃんはいなくなったけど、これからも楽しくやろうね!」と声をかけてやると、安心した顔になりました。


新生笠木組です。

まだまだ、パットを亡くして不安定なみんなですが、少しずつ平静を取り戻しつつあります。


たくさんの方からお花やあたたかいメッセージやお電話をいただきました。

心からお礼を申し上げます。


「介護の姿を見ていて、いろいろなことを考えさせられました」とおっしゃって下さった方もありました。


14年間の大半の楽しい思い出をくれた大事なパートナーを他人任せにはできませんでした。

できる限りのことを自分でしてあげたかったのです。


犬は、年老いてくると飼い主と離れることを極端に嫌がります。
一花もパットも常に私の存在を気にしていました。


今も、もしかしたら2回の岡山行きがパットの寿命を縮めたかも知れないと思います。

でも、私と一緒にいたいという彼の気持ちを尊重したかった。


だから後悔はしていません。


ときどき、犬がもう逝きたがっているけど、飼い主のことを思うと逝けないと頑張っている場面にであうことがあります。


お話でも、「この子と少しでも長くいたいから」と辛そうにしている犬を生かそうとする飼い主さんのことを聞きます。


私の友人の獣医さんは、先代のネイトがてんかん発作が続いて、薬が効かなくなったら安楽死も考えてと、ちゃんと伝えてくれました。


結局、私にその選択をさせる前にネイトは自分から逝きました。


いなくなるのは、確かに淋しくて辛いですが、私は常に犬のことを考えてあげたいと思っています。


子供の頃からずっと言われ続けた「自分がされて嫌なことは、絶対に他人にしないこと」を犬たちにも思っています。


もう天国に逝ってしまった愛犬たちから習った「犬と人が楽しく暮らす」をこれからもたくさんの飼い主さんたちに伝えられるように頑張って行こうと思います。


本当に本当にみなさんありがとう。

パットも私も本当に幸せ者です。

Re: みなさんありがとう!     by ゲスト

前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿.1 | 投稿日時 2014-9-16 10:05
ご無沙汰しております。

今、はじめてパっちゃんが天国に行ったということを知って涙が止まりません。本当に本当にさみしいです。

私が笠木先生のもとで勉強させてもらいたい!!と思ったのも専門学校でみた賢くかっこいいパっちゃんを見たのがきっかけでした。

私の想像していた”人と犬の分かり合えるレベル”のレベルをぱっちゃんははるかに超えていて、感動したのを今でも覚えています。
ひとめぼれに近い感覚でした。

そして、私の理想のわんこ像もずっとそれ以来パっちゃんです。
それはこれからもずっと変わらないと思います。
トリーツを見ると目をきらきらさせていろいろトリックをしてくれたり、ついての位置に来てくれたり、最高にかわいかったパっちゃんが忘れられません。

しばらく会いに行けてなかったことがすごく悔やまれます。


最後まで大好きな先生に大事にされて
大好きな家族に囲まれて

寂しい思いをせずに天国へ
パっちゃんは幸せ者ですね


今は、ネイト兄さんと再会して楽しく走り回っているんでしょうね


パッちゃん、安らかに。
前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿.1 | 投稿日時 2014-9-16 14:32
学生のみなさん


コスモのDT8期のみなさん、お花を本当にありがとう。


学生のみなさんに本当にかわいがってもらったパットは、みなさんと過ごした時間がとても好きでした。


パットを見てオージーを飼いたいと言った学生がいったい何人いたことでしょう。

本当に愛されていた犬でした。


彼とネイトがいなければ、今の私は存在していなかったと思います。

だから「介護は大変でしょう」と言われても、今まで彼がしてくれたことを考えると当たり前のことでした。


でも、弱って行く彼を見るのは本当に胸が痛いばかりでした。

昨日、彼が大好きだった青垣で眠らせてもらう予定で、作ってもらっている祭壇にいただいたお花を持って行きました。


白い花のところでパットが嬉しそうに笑っているように見えました。


どうぞ学生のみなさん、卒業生のみなさん、パットを忘れないでいてやってください。

みなさんの心の中でいつまでも元気で可愛いまま生き続けて欲しいと思います。


本当にありがとうございます。
前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿.1 | 投稿日時 2014-9-19 23:19
パットには、本当に勉強させていただきました。
ビート、ネイト、パットが来てくれるから先生の授業も好きの理由でした。
ばっちゃんが、辛い状況ともしらず…、何度も見学に行こうか悩んでいたのに、こんな形になってしまい、本当に悔しく思っています。

ぱっちゃんのこと、絶対に忘れません!
私たちの恩師ですから!

先生も、お辛いと思います…
一日でも早く気持ちが落ち着かれる事を祈っております。

祭壇に、お花を飾っていただき、ありがとうございます。
また、改めて、直接お礼を言わせていただきたいとおもいます。

Re: みなさんありがとう!     by 類こまめ

前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2014-9-19 23:19
こまめが虹の橋に行ってから今日でちょうど三ヶ月が 経ちます。
悲しさ寂しさは後からどんどんきますね。

こまめに手術を受けさせ、癌が内臓全部に転移していました。
お医者様に、このまま眠らせるか目覚めさせてあと数週間生かすか
選択をせまられました。
私はそのまま眠らせてくださいとお願いしました。

とても辛い選択でした。
1日でも長く一緒にいたかったし、
こまめ自身ではなく私がこまめの犬生を決めてしまったのは
間違いではないかとも思いました。

私がこまめにしてやれることだと決意しました。

いつか私も虹の橋に行くからね
また類とこまめと一緒に踊ろうね。
だいずも紹介するからね
前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿なし | 投稿日時 2014-9-22 11:10
宇根ちゃん


パットのこと、他の私のパートナー犬のことを好きでいてくれて本当にありがとう。


犬たちも学生たちといることを本当に楽しんでいました。

そして、私と同じように学生たちがそれぞれの夢に向かって頑張っている姿を応援していました。


ネイトも一花もパットも空からみんながハッピーで暮らしているかを見守っていると思います。


ぜひ顔を見せに来て下さい。

みなさんの心遣いのおかげで私はパットを亡くした寂しさや悲しみから、少なくともビートよりは早く抜け出せたと思います。


あのお調子者のビートが切なそうな顔で私を見ることの方が今は心が痛いです。

ストーカーのように私についてまわり、悲しそうな顔で私を見る根暗なビートから、いつもの明るいお調子者のビートに早く復活して欲しいと思っています。


忙しくて来れないなら、このHPにいつでも来て書き込みをして下さいね。


それも大歓迎です。
前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿なし | 投稿日時 2014-9-22 11:31 | 最終変更
類、こまめ&だいずママ


そうかぁ〜、こまめが逝ってからもう3か月も経つのですね。

早いですね〜。


病気とあの小さな体で必死に戦っているこまめを応援していたのは、ついこの間のことのように思えます。


今でもスキがあればおやつをくすねようと虎視眈々と狙っている狩人こまめが見えるような気がします。


ネイトや一花の時もそうですが、犬の命の終わりを神様ではなく、私たち飼い主が決めねばならないことが、どれほど重いことかは経験した人にしか分からないことだと思います。


もちろん、たとえ1秒でも長く一緒にいたいと思う気持ちは愛犬を大切にしていた人なら誰でも思うことです。


でも、その想いがかえって愛犬の苦しみを長くしてしまうことになると思うと、私は、「どうか安らかに安心して天国に戻りなさい」と思ってしまいます。


神様にいただいた天使を神様にお返しするのだと思っているのです。


たくさんの思い出とたくさんの勉強を一緒にしてきて、愛犬のおかげで自分の人生が輝いていたという事実を忘れる訳にはいきません。


最近は、犬に癒されることを目的に犬を飼う人が多いとか。

もう、私の周りの人は耳タコですけど、「癒されたければ、癒さねばならない」というルールを忘れてはいけないのです。


こまめは、ママ、パパ、お姉ちゃんたちだけでなく、たくさんの人たちに幸せをくれました。

そして最後までママに自分を託したのです。


だから、ママの選択は間違っていないと思います。

こまめはどんな選択であっても、ママが選択したことなら喜んで受け入れたからです。


それが相思相愛の飼い主と犬とのルールなのですから。


私とネイト、一花、パットの間もそうでした。

私は、犬たちに自分のやりたいようにして天国に帰りなさいと伝えておりました。


ネイトは、私に選択させる前に自分で決めて逝きましたし、一花は、自分の命を縮めることを覚悟で私への思いを行動で示してくれましたし、パットは彼の性格らしく(でも亡くなる前は、わがままいっぱいでしたけど)静かに逝きました。


私は、心から神様に「素敵なパートナーをありがとうございました。彼らのおかげで今の私があるのです。心から感謝して、あなたの天使たちをお返しします。」と伝えてきました。


今も私を支えてくれている天使たちも時が来れば神様にお返ししなければなりませんが、その時まで一緒に笑い、怒り、楽しみたいと思っています。


類、こまめママから新たに、類、だいずママになって、これからも愛犬との楽しい思い出をたくさん作って、あの世でこまめに会ったら話のネタにしましょうね。


時々、だいずにこまめが乗り移っているんじゃないかって思うような悪さをだいずがしますよね。

たまらないのは類君だけですかね。


フェミニストの類君は、分かってて冷静なのでしょうか?

Re: Re: みなさんありがとう!     by ビナンまま

前の投稿 : 次の投稿 | 親投稿 : 子投稿なし | 投稿日時 2014-9-22 21:03
類こまめまま、お悔やみ申し上げます。

教室でまた会える、と思っていたのでとても驚いています。
ダンスを一緒に踊ってる姿をいつも楽しみにさせていただいてました。

これから先、私も愛犬の命と向き合わなければならない時がくるかもしれません。10歳のチェイス、9歳のビナン。その時、冷静でいられるかわかりませんが、きちんと送ってあげたいと改めて思いました。

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文