MY DOG TRAINING SCHOOL  }bqz[y[WWelcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンター
04488205
昨日: 0115
今日: 1817
From:2007/11/10
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Good owners を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
(Update:2008-3-10 22:37:57)

社会に受け入れられるために

毎日、散歩のたびに腹を立てています。
あちこちに落ちている犬の健康のバロメーターを、うちの犬が臭いに行こうとするたびに、止めなければなりません。


相変わらず、ノーリードの犬と、散歩の途中で何度か出会います。
その横を、車がすごいスピードで走り抜けて行きます。

どうして、こんな危険な場所で犬が放せるのかが理解できません。
もちろん、飼い主が呼んでも、そんな犬は戻ったりしません。


「楽しければいい」と言う飼い主さんが多いのですが、私はそれでは飼い主として責任が果たせないと思います。


自分たちだけが楽しいではなく、まわりの人もみんな楽しくいられるように、心使いしなければいけないと思います。
私は、優良家庭犬普及協会に協力して、認定テストのお手伝いを長年続けています。

2007年から認定テストのジャッジもさせていただけるようになりました。

私がお手伝いさせていただいているのは、このテストの主旨が飼い主教育にとても重要な要素を持っているからです。


自分たちだけが楽しければいいというのでは、犬が人間社会に受け入れらることはありません。

まわりに迷惑をかけない意識を持った飼い主を育てることが、犬と飼い主のためになると信じています。


プリンタ用画面 友達に伝える
投票数:84 平均点:6.07
前
犬のために道具を選ぶ
カテゴリートップ
よい飼い主への道 - Good owners
次
危機管理の意識を持ってますか?