MY DOG TRAINING SCHOOL  }bqz[y[WWelcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンター
05462115
昨日: 12309
今日: 5780
From:2007/11/10
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Open the door を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
(Update:2007-12-27 13:20:26)

犬を叱ることはいけないこと?

なんだか最近の風潮として、犬を叱ることがいけないことのような受け取られ方に対して疑問を感じます。


嫌悪刺激と呼ばれる犬の行動をとめるための刺激を使うことには、確かに副作用と言われるたくさんの問題が潜んでいたりします。


嫌悪刺激を使うことは、犬にストレスを与えることになると言われますが、犬に全くストレスを与えないことが、本当に犬に良いことなのかと言うと、私は違うと思います。


人も犬もある程度のストレスは、心を強くするために必要なことなのだと思います。

犬との関係作りを大切にするからこそ、必要な時に犬を叱ることができるのだと思うのです。


私は、犬達がいかにシビアに行動に対して反応するのかを知っています。
私たちが思うよりも厳しく、そして激しいものです。


私の愛犬ネイトが他の犬達に示していた態度は、本当に厳しいものでした。
それが生意気な若犬なら、思わずとめてしまいたくなるほど激しく徹底的でした。


だから、ネイトは嫌われていたか?
いいえ、無礼な若犬は、自分の行動を改めて、ネイトを上として態度に注意を払うようになりました。


犬達のそんな姿を見ていても、きちんとした関係を作る時に、叱ることもとても重要なことなのだと彼から学びました。


感情的にならず、行動に対して冷静に対応すれば、叱ることも関係を意識させるためには重要な要素であると言わざるを得ません。


犬とのコミュニケーションをしっかりと取れるようになったなら、犬の行動に対して悪いことは、悪いことだと意思表示をしてやることも大切なのだと私は思います。


ただ、叱ることで犬が正しいことを学習することはありません。
正しいことを学習するためには、ほめることが絶対に必要なのです。


叱ることがいけないと思う前に考えてみて下さい。
あなたの犬がいけないことをした時に、あなたはどうするのですか?
犬がやめるまで待ってほめるのですか?


 私は、それをして欲しくないと犬に伝えるために叱ります。
 そして、犬がすぐにやめたらほめてあげます。
悪いことをする犬にしたくありませんし、できるだけ早くほめてあげたいから叱るのです。


これは、私の友人の訓練士の言葉です。
私も同じことを最近よく思うようになりました。



少なくとも私の友人たちは、私にとって良いことばかりを言ったりしません。

時々、ズキっとくるような言葉で、私にいろいろなことを学ばせてくれます。


私は友人達を嫌いになったりしません。
信頼は、そうやって作っていくものだとつくづく思っています。


プリンタ用画面 友達に伝える
投票数:82 平均点:4.76
前
動物観と動物愛護
カテゴリートップ
ドアを開けて Open the door
次
ドッグランを考える