MY DOG TRAINING SCHOOL  }bqz[y[WWelcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンター
04488205
昨日: 0115
今日: 1817
From:2007/11/10
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Good owners を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
(Update:2009-2-6 22:05:21)

トレーニングは愛犬との共同作業


トレーニングを教えていると、時々悲しくなる時があります。
飼い主ばかりが一生懸命で、ちっとも愛犬の気持ちや様子に無頓着なことがあります。

愛犬はちっとも嬉しそうではない、もっと悪い時は、愛犬は嫌がっていることがあります。

愛犬の様子になぜそんなに気を向けることができないのか、私には理解できません。


私は犬と何かをする時に、犬の様子がとても気になります。
「私がしたいことを彼らもしたいと思ってくれるのだろうか?」いつもその不安と戦いながら、できるだけの努力をして、犬たちに受け入れてもらえるようにしようと思っています。


自分が一緒に仕事をするなら相棒は好きな人であって欲しいし、相手も私のことを好きでいて欲しいと思います。

だから愛犬にも大好きだと思って欲しいし、私も好きでいたいと思っています。

どんな時でも愛犬の気持ちにもっと注意を向けて、愛犬からのメッセージを聞くようになって下さい。


今、どんなに難しい問題を抱えていても、きっと解決できるくらい重要なことなのです。

トレーニングは一人ではできないことを忘れないで下さい。
愛犬が協力してくれてこそなのです。

そして常に愛犬の気持ちについて意識しておいて下さい。


プリンタ用画面 友達に伝える
投票数:47 平均点:5.11
前
犬のためにごほうびの種類を増やそう!
カテゴリートップ
よい飼い主への道 - Good owners
次
愛犬の助けを借りて自己啓発を