MY DOG TRAINING SCHOOL  }bqz[y[WWelcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンター
04573729
昨日: 0212
今日: 3010
From:2007/11/10
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Open the door を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
(Update:2008-7-21 22:18:32)

なぜ犬を飼っているのでしょう?

今年の夏もかなり暑くなりそうですね。
犬たちの「まいったぁ〜」という顔をまた今年も見ながら、ひたすら秋の来るのを待つ時期になったのですね。


今年は、異常なガソリンの値上がりで、車を移動手段にしている私には、とてもとても辛い状況にあります。
それでも、今日もどうしても犬たちを家に残して私だけで出かけたのですが、これだけ暑いとクーラーの中に残してきても心配になります。

「もし、停電になったらおしまいだぁ」と不安を抱えながらの外出です。
こんなにいろんなことを考えなきゃいけない犬との暮らしをどうして私はしているのかと自分に聞いてみると、きっとかけられる苦労よりも、もらえる幸せの方が大きいからだと思うのです。


犬を介して知り合ったたくさんの友人たちや、仲間たちも私の宝物です。
気が付けば、犬にかかる費用を稼ぐために働いているような気がすると思いつつも、なんか幸せを感じている今日この頃です。


でも、犬をどんな理由で飼っているかは、本当にいろいろとあるように思えます。
見栄や、自己表現の手段として飼っている人もいます。
アジりティで良い成績を残したい(あっ、ちなみにうちのビート君は、JKCのアジリティチャンピオンです。)、私は違いますけど。
私はこんなにいい飼い主だと周りに思わせたいだけで犬に接している人もいます。


GCTやアジリティで良い成績を取るだけが、犬との楽しみではないと思うのです。
私は今、一人で住んでいますが、1度も淋しいとか、怖いと思ったことはありません。
私の周りに暑苦しい限りですが、いてくれる愛犬たちの存在のおかげであると思います。


1度、なぜ犬を飼っているのか?」と自分に問いただしてみて下さい。
特に、愛犬とうまくいってないと思ったら、考えてみて欲しいと思います。


プリンタ用画面 友達に伝える
投票数:88 平均点:6.36
前
トレーニング哲学を考える
カテゴリートップ
ドアを開けて Open the door
次
犬語への理解